シーンに合わせてフロアマットを変えています

車のインテリアの印象を手軽に変えることができるのがフロアマット。新車を購入する際に、勧められるまま純正のフロアマットを購入している人も多くいますが、その車種専用やタイプに合うものであれば、純正のものでなくても使用することができます。
そもそもフロアマットの一番の役割は、靴に付着した土などの汚れの防止。フロアマットを敷いていることで、キレイな状態に保って乗り続けることができますし、滑り止めの役割もあります。その素材も布の他にゴムやプラスチックもあって、それぞれにメリット・デメリットがあります。布は種類も多く高級感がありますが、汚れが付きやすく水洗いでは乾きにくいのがデメリット。ゴムやプラスチックはわりと価格が安く洗うのが簡単ですが、安っぽい印象で種類も少ないというデメリットがあります。
私の愛車はN-BOXですが、フロアマットは3種類を用意。1つは純正のブラックのフロアマット。新車で購入してからしばらくはこれを使用していたのですが、「インテリアをもっと自分好みにしたい」という思いから、フロアマットも変えることに。純正のものでも素敵なデザインのマットがあるのですが、ちょっと価格がお高め。ということで通販で探したのですが、デザインやカラー、種類が実に豊富。無地はもちろんチェックやゼブラ柄などのスタイリッシュなデザインから、ドット柄などの可愛らしいものまで揃っていて、好みのマットを見つけることができました。価格もかなり抑えることができて満足しています。そしてもう1つはゴム製のマット。これも通販で安く購入することができました。できるだけキレイな車に乗っていたいので、雨や雪の日にはゴム製のマットに変えて車内が汚れないようにしています。
今は普段は通販で購入したN-BOX専用の社外品のフロアマットのチェック柄の物を使用し、人を乗せるような時には純正のマット、そして天気によってゴム製のマットと使い分けるようにしています。ただし社外品のフロアマットを選ぶ際には、その車のスペースに合ったサイズのものを選ぶことは必須。サイズが合わないとアクセルやブレーキに引っかかる可能性があるなど、危険な場合もあるからです。
フロアマットは大きく車内の雰囲気を変える存在。シーンに合わせて変えながら、カーライフを楽しんでいます。