大人の哲学 革の高級カバンを持つよろこびを知る

現在は、科学技術の進歩により様々な素材が開発されています。特に革に代わる素材として、合皮、ナイロンなどが様々なアイテムに使用されるようになりました。革に似せて作られている合皮は、軽くて値段が安いのがメリットです。

しかし、耐久性は革よりもかなり劣ります。合皮の鞄は、すぐに縫い目が裂けたり、穴が空いたりします。

それに比べると、やはり革のカバンは丈夫で、お手入れ次第で何十年も使用することができます。もしワンシーズンだけ使用すると分かっているなら、お手頃価格の合皮やナイロンのカバンでも十分かもしれません。しかしビジネスなどで使う高級カバンを通販で選ぶのであれば、やはり丈夫で使い心地のよい革製のものを選ぶべきでしょう。

では、ビジネスシーンで使用するトランクも革製が良いのでしょうか?営業などで、資料を大量に抱えて顧客を訪問する人や、出張が多い人にとっては、トランクは必須アイテムです。残念ながら「革は重い、手入れが大変、古くさい」と考えている人もいるようです。しかし、「良いものを長く使う」という大人の哲学を知る人は、迷うことなく革製の高級カバンを選びます。

もちろんトランクだって例外ではありません。大量生産のポリカーボネート、ABS樹脂、アルミ素材のトランクよりも、職人が丁寧に仕上げた革のトランクの方が「真の値打ち」を持っていると知っているからです。

空港や一流ホテルにいる、仕事のできそうな人を観察してみて下さい。その人たちが、多くの割合で革の高級カバンを持っていることに気がつくはずです。